So-net無料ブログ作成

グーグルアドセンスやめたらブログ更新が楽になった [収益・マインド]

もはやブログをやってる人のほとんどがグーグルアドセンスについて聞いたことがある、実際に利用しているのではないでしょうか?

最近は審査が厳しくなったのもあって敷居が高くなった感は否めませんが、一度審査に通ってサイト上に貼れてしまえば後は訪問者のCookieから興味のありそうな広告を自動で表示してもらえるので大変楽です。


ではなんでそんな便利な広告サービスをこのブログではやめてしまったのか?

禁止事項が多い


天下のGoogle様の広告サービスなわけですから、当然掲載するサイトにはそれなりの基準を常に満たしておく必要があります。

詳しいグーグルアドセンスの利用規約はこちらからどうぞ。

具体的なサイト上の禁止コンテンツについてはこちらからどうぞ。


ざっと見てもらえればすぐわかるんですがとにかくやっちゃいけないことが多い!

多い上に少しでも規約に違反していることがバレると即刻配信を停止させられますし、改善しないで放置なんてしようものならアカウントごと吹き飛ばされます笑

 ブログ消滅のリスクかアドセンス停止のリスクか


記事数が100,200と増えていけば修正にも時間がかかるのと、収益源がアドセンスだけ(普通そんな人はいませんけど)だと一気に死活問題まで行きます。

こんなビクビクしながら更新するのは割に合わないというか、なんか違うなと。


無料ブログ使ってる時点でサービス停止によるブログ消滅のリスクを抱えているわけですから、ストレスによる毛根の消滅を防ぐためにもアドセンスはやめました。

それ以外の理由としては利用規約(報酬プログラムを提供するページの項目)に触れる部分でもある、情報商材系のアフィリエイトが増えてきたことですね。


サイドバーに1個含まれてるくらいなら何も言われませんが、各記事にバシバシ貼るようになったので怒られる前に対応した感じです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PlayStation4 Pro ジェット・ブラック 1TB
価格:48578円(税込、送料無料) (2018/8/28時点)


 



アドセンス審査用に記事を書くのはやめた方がいい


「アドセンス 審査」なんかで検索すると記事数や著作権違反の基準なんかをまとめたブログがわらわら出てきますが、あんまり意識しない方がいいと思いますよ。

今までに何個もブログやサイトを作ってきた人は別ですが、初心者の人はアドセンスの報酬額に夢を見すぎです。


広告が表示されるだけで1円もらえたりしますが、ほとんどはクリックしないと報酬が発生しませんし、ただクリックされるだけでその先の商品・サービスが買われなければクリック報酬もガンガン下がっていきます。

 アドセンスで月間10万円の報酬は選ばれた者のみ


アドセンスで月10万円もらうために必要なアクセス数としては、一般的なクリック率を1%、クリック単価を30円としても最低月間35万PVが必要です。

PVがここまで行くには少なくとも1年はかかりますが、この1年という数字も会社やめて毎日ブログに12時間以上捧げる勢いがないと無理です。


ちょろっと記事書いて適当にアドセンス広告貼ればええんやろ!となめてかかる人は一生10万円はもらえませんし、そういう人は大抵勉強嫌いな飽きっぽい人なので1年もブログは書き続けられないでしょうね。

まとめ


グーグルアドセンス自体は画期的なサービスで気軽に始められますからおすすめです。

ただアドセンスが主目的になってブログの内容がおろそかになっては元も子もありません。


将来的に導入する意志が固いなら利用規約はくまなくチェックして頭に叩き込んでおく。

そうでないなら収益は度外視して自分が発信したいことをまず見つけて50記事100記事書き続ける。


それがアドセンスの規約に触れていない内容なら審査を申請すればいいんです。

アドセンス以外にも収益化の方法はたくさんありますし(A8.net、もしもアフィリエイト)利用出来たらラッキー、最悪なくても問題ないや!くらいの心構えが重要ですよ。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド
価格:32378円(税込、送料無料) (2018/8/28時点)


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント